FAQ

Bonita BPM は無償で使用てきますか?

はい、Bonita BPM Community Edition は無償で利用できます。使用期間や使用ユーザー数に制限はありません。
一般的に流通している有償ワークフロー製品程度の機能要件なら、小規模組織の運用には適用可能と思われます。可否は開発・運用体験を通じ自己責任で判断してください。

Bonita BPM Community Edition のトレーニング プログラムはありますか?

いいえ、有償のBonita BPM Subscription Edition をベースとしたトレーニングのみとなります。Subscription Edition は、Community Edition の機能を包含します。

Bonita BPM Community Edition のテクニカル サポートはありますか?

いいえ、別途有償のBonita BPM Subscription Edition のライセスが必要です。

Bonita BPM を使用するには、どんな知識が必要ですか?

  • プロセス図の作成: BPMN 2.0 のプロセス・モデリングに関する基礎知識が必要になります
  • プロセスの自動化と配備: Javaの派生言語である JavaScript(フロントの画面開発)とGroovy Script(サーバーサイドで駆動するスクリプト)に関する基礎知識が必要です
  • プロセスのオペレーション: エンドユーザーをターゲットとしているので専門的な知識は必要ありません

開発の仕方を自己学習したいのですが、お勧めの日本語教材はありますか?

はい、このサイトの「プロジェクト」に実際に稼働するプロセス開発事例が提供されています。そのソースを参考にプロセスの挙動を確認するのが学習の早道です。不明なところがあれば、「日本語ドキュメント」を参照してください。なお、「プロジェクト」の開発事例を参照する前に、「チュートリアル」を体験することをお勧めします。

BPMN 2.0 について自己学習したいのですが、お勧めの日本語教材はありますか?

はい、ブルース シルバー著「BPMN メソッド&スタイル」日本語版をアマゾンから購入できます。

BPMN 2.0 を使用したプログラム モデリングのトレーニングはありますか?

はい、Bonita BPM Community Edition を使用した次のセミナーが日本BPM協会で行われています。

  • BPMNによる業務プロセス可視化・要件定義基礎セミナー
  • BPMN による業務プロセス設計セミナー
広告