Project – 出張申請アプリケーション

概要

これは、Bonita BPM 7.0のチュートリアルを基に一部改変したサンプル・アプリケーションです。

このサンプルは次のコンセプトを実証しています。

  • リビング アプリケーション(Living Application)
  • UIデザイナーで構築したフォーム、ページおよびカスタム ウィジェット
  • ビジネス データモデル(BDM)とコントラクトを利用したプロセス

インストール

  1. Bonita BPM Studio 7.1.2 またはそれ以降のバージョンを起動します。
  2. アプリケーションバンドル をダウンロードします。
  3. このバンドルをテンポラリ・フォルダに自己解凍します。
  4. テンポラリ・フォルダ内の “traveltool-example-ja-x.x.x” フォルダ下にある Processes.bos ファイルを Bonita BPM Studioにインポートします。このファイルには、「出張申請」のプロセス(ダイアグラム名には”Bari”の接頭辞を付けています)が含まれています。
  5. Studio でインポートした「Bari-出張申請」のプロセス図を開き、そのプロセスをデプロイします。(デプロイはそれぞれのプロセス・プールを選択し [実行] をクリックすることで開始されます。初期入力フォームが自動で表示されますが、無視してブラウザを閉じます。)
  6. 次にプロセスの進行状態をモニタリングできるライブ アプリケーションを BPM ポータル上にセットアップします。
  7. まず、Studio のメインメニューにある「ポータル」ボタンをクリックし、ポータルを起動します。右上の [利用者] をクリックして [システム管理者] に切り替えます。メインメニューの[リソース]に進み、[追加]ボタンをクリックして「page-TravelToolJa」と「page-TravelToolAdvancedJa」の2つのカスタムページの.zipファイルをアップロードします( [次へ] と [確認] のボタンをクリック)。 なお、カスタムページのより詳しい情報は 「Bonita BPM7 日本語ドキュメントのページ」セクションを参照してください。
  8. その後、ポータルの [アプリケーション] に進み [インポート] ボタンをクリックして 「Application_Data.xml」ファイルをインポートします。 より詳しい情報は、「Bonita BPM7 日本語ドキュメントのアプリケーション」セクションを参照してください。
information注意: プロセスのデプロイ時に、「警告」または「エラー」のメッセージが表示された場合の対処方法は、「プロセス インポートまたはデプロイ時のトラブル シューティング」を参照してください。

実行方法

  1. プラウザで次の URL (ポート番号はあなたの PC 環境によって変わる可能性があります)を指定し、ライブ アプリケーション ページの「出張申請」ページを開きます。http://localhost:8080/bonita/apps/traveltool
  2. 表示された「出張申請」ページにある「新しい出張申請を作成」ボタンをクリックします。
  3. 出張申請プロセスの申請記入フォームが表示されますから、フォームを記入し [送信] ボタンをクリックします。
  4. 送信後、申請者である「walter.bates」のBPMポータルのタスクリストを表示されます。申請記入フォームが既に送信されていますからタスクリストは空の状態で表示されます。
  5. 次にBPMポータルを walter.bates の上司である「helen.kelly」で再ログインします。(右上の walter.bates の横にある下矢印をクリックしてログアウトし、ユーザー:「helen.kelly」、パスワード:「bpm」でログインします)
  6. walter.bates の上司である「helen.kelly」のタスクリストには「上司のレビュー」タスクが表示されています。右上の [実行する] ボタンをクリックして 「申請のレビューフォーム」を表示し、「承認」、「却下」のいずれかが判断し「送信」ボタンをクリックます。
  7. ポータルページからでも出張申請プロセスの開始、タスクの実行が行えます。 まず、helen.kelly をログアウトし、walter.bates でログインします。パスワードは「bpm」です。
  8. walter.bates でログインできたら、トップメニューの [プロセス] をクリックして利用可能なプロセスを表示します。「出張申請」プロセスを選択し、右上の [開始] ボタンをクリックします。前項3と同じ申請記入フォームが表示されますから、フォームを記入し「送信」ボタンをクリックします。
  9. プラウザで http://localhost:8080/bonita/apps/traveltool の URL を再び表示すると walter.bates が申請した出張申請の最新状態を確認することができます。プラウザから前項2を繰り返すか、前項8で申請を繰り返します。
  10. 申請の上司レビューは前項5を繰り返します。
  11. 前項1または前項9で表示するライブ アプリケーション ページは、BPM エンジンがアクティブな状態でないと機能しません。アクティブでない場合は、Studio メインメニューにある「ポータル」ボタンをクリックします。
  12. アプリケーション ページの右端のメニュー項目にある「出張申請タブ使用版」は左の「私の出張申請」ページの「未承認の出張申請」と「承認済みの出張申請」をタブで切り替えられるよう表現を変えたものです。
  13. 申請者のユーザーID は「walter.bates」、パスワードは「bpm」です。
  14. 注意:操作体験を終え、Studio を終了すると標準では、それまで操作したデータは消失します。再度デモを体験したい場合は、次の2通り方法があります。
    1. セットアップを繰り返す:Studio 起動後、前項インストールの6からセットアップを繰り返し、データを初期状態にします。
    2. セットアップと操作データを保持する:Studio 閉じる前に、Studioメインメニューの [環境設定] ボタンをクリックし、[データベース] に進み、「終了時にデータベースをきれいにする」と「終了時にビジネス データモデル データベースをきれいにする」の2つのオプションをチェックオフにします。

データモデル

出張申請データのデータ構造は、ビジネス データ管理(BDM)を使用してビジネス データモデル内に定義されています。
Bonita BPM Studio にサンプルプロセスをインポート後、Studio のトップメニューで[開発] -> [ビジネス データ モデル] –> [管理…] に進むと、ビジネス オブジェクトのリストが表示されます。このデータ定義をUML クラス図で表記すると下図になります。
bati-dataModel

このオブジェクト定義仕様に従ってBPM エンジン上の内臓データベース(デフォルトは”H2 Database”)にスキーマが実装され、プロセス対象データが永続的に維持されます。

プロセス図

出張申請プロセス

bari-diagram

スクリーンショット

出張申請 リビング アプリケーション

bari-travelTool

出張申請プロセス – 申請記入フォーム

bari-travelToolAdvanced

出張申請プロセス – 申請のレビューフォーム

bari-reviewTravelRequest

サポートバージョン

開発体験用日本語チュートリアル: BPM7 のチュートリアルの最終成果物です。
開発体験用英語チュートリアル: Bonitasoft Getting Started Tutorial
日本語版制作:  オープンソースBPMジャパン株式会社
Bonita BPMの対応バージョン: 7.1.2以降
Bonita BPMの対応エディション: Community, Team Work, Efficiency, Performance
カテゴリー: アプリケーション
ライセンス: LGPL v3

広告